賃貸は初期費用がいらない

賃貸に住むか物件購入かですが結局はどちらのほうが安く済むのかです。週刊誌、ネットなど複数の媒体でそれぞれ総コストシュミレーションした結果公表されて購入しないほうが良いなど結論付けられてることも多いですが。意味がありません。賃貸、購入をシュミレーションして、10万円程度の物件すむとして総額を計算してみても、家庭の話でしかなく、住む方の人生設計などによって総額が簡単に変わります。

 

そして何度引っ越しするか、家賃いくらの物件住むかなど人により大きい差があるのです。またマンション販売業者は不動産買ってもらったほうが良いに決まっています。また、一般に35年でのトータルコスト比べてみて借りたほうが安くなることが多いのです。ですが、賃貸例にしても具体T系に何円賃貸住み続けると購入価値うあわまってしまうか、購入時の仮定により話が変わります。

 

賃貸のメリットですが、ライフスタイル変化へ柔軟対応できたり、設備メンテナンス必要がない、まとまった初期費用いらないなおです。そして賃貸のメリットで思い浮かぶことは子ども増えて部屋数ふやしたい、親の介護必要になって実家近くに酢みたいなどです。部屋数の増減、場所移動、住み替え簡単なのが賃貸の良いところです。

 

そして購入物件なら経年劣化に応じ修繕など必要が出てきますが、賃貸はもちろん不要で修繕、管理などメンテナンスを貸主側で対応してくれるのです。また、物件借り続ける限り家賃支払い発生して、収入が大幅減る退職後どうやって家賃払い続けるのかが課題。そしてあくまで賃貸であり、基本的に貸主へ断りなしに物件へ手を加えられません。

 

自由にリフォームや、壁に穴開けることも基本ダメで住居カスタム性はとても低いのです。物件購入なら当然自分の試算で残せたりして、賃貸は資産にならず、自分の代以外に子供世代のため家残したいといったときこの点考えてください。また、子供独立後広い3LDKに住みたければいざ知らず、子供独立後1LDKに住み替えられる柔軟な方は賃貸はコスト面で購入派にまさるともおとらないです。


このページの先頭へ戻る